【魔除け展】年のはじまりにふさわしい「魔除け」をテーマにした展覧会

【魔除け展】年のはじまりにふさわしい「魔除け」をテーマにした展覧会

こんにちは、編集長の川崎です。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。ホントに遅れました。。
本年も、At-Random by B.A G.Numberをどうぞよろしくお願い申し上げます。

1月の三連休が明けました今日11日は、鈴木ディレクターもこちらで書いておりましたが、「一粒万倍日」と「天赦日」が重なるラッキーデイなのです。

もうすでに財布を買われたという方も多いかと思いますが、この時期に買い替えるお財布は「春財布」といって、年中お財布が“張る”ようにと掛けた、縁起物と言われています。

私も今日から使い始めるお財布があるので、今年の金運はこれできっと大丈夫!と大船に乗った気分です(笑)

さてラッキーディのこの日、「魔除け展」なるご案内が届きました。日本皮革デザイン促進委員会がプロデュースするジャパンブランド「創悦(soetsu)」の展示会です。

「創悦」とは、日本の皮革技術を駆使したレザープロダクトがメインのアートブランド。歴史や文化、人々の暮らしなどにフォーカスし、伝統的で魅力的なアイテムを数多く提案されています。

デビューコレクションでは「葛飾北斎」をテーマとした、ナチュラルレザーのバッグや帽子、小物を展開しました。
オリンピックイヤーであった昨年は、北斎漫画などをモチーフにし、各オリンピック競技にまつわるユニークなアイテムをラインナップしたことでも話題となりました。

 

今回は「MAYOKE」というテーマで、日本が古来から“魔除け”に用いてきたアイテムを、レザープロダクトとして展示。

場所は、「御茶ノ水ソラシティ」B1の「ギャラリー蔵」。1917年に建てられ、御茶ノ水界隈の再開発のなかでギャラリーとして復元された、由緒ある建物です。この建物と、街中のウィンドウをジャックする形で、展示会が行われるそう。なんだかワクワクしますね。

日時:2022年2月1日(火)~13日(日) 11時~18時 ※最終日は15時まで

場所:御茶ノ水ソラシティ B1 「ギャラリー蔵」、その周囲の店舗ウインドウ

「創悦」

https://www.souetsu.com/

コロナ禍では「アマビエ」が話題となったので、今回も新しい“魔除けキャラ”が生まれることを期待しております。